雀龍門のレビュー、画像、公式サイトの新着情報など雀龍門の概要情報です。無料オンラインゲームランキングでは話題の新作やβ版から定番の人気無料ゲームの最新情報を配信

雀龍門のレビュー評価・ゲーム概要

雀龍門は多くのプレイヤーと気軽に対戦できるオンライン麻雀ゲームです。リアルな3Dグラフィックで実際に麻雀をしているようなリアルな映像、リーチなどで変わって行く白熱感を盛り上げるBGMやボイス機能。実際に麻雀を打ったプロ雀氏の手の動きを再現した牌をあやつるハンド機能など、リアリティを追及されており、本当に雀荘で麻雀を打っているようなリアルな空間を楽しむことができます。また麻雀初心者でもわかりやすいようにドラ表示や捨て牌と同じ牌+前後の牌が点灯して知らせる機能など、麻雀になれている人も詳しくない人も一緒に楽しめる機能が満載です。

アバターだけではなく自分を表現できるハンド機能

オンラインゲームでは牌は凝っていても場に大きな特徴がないものが多いですが、雀龍門は場も一緒に楽しめます。牌を動かす手はプロ雀氏が実際に麻雀を打つ時の動きを再現しており、ただ牌が動いていくだけではなく、実際に手の映像が牌を動かし、リアルな仕上がりになっています。また、牌を扱う「ハンド」を自分好みのアクセサリーをつけたり装飾をほどこす事ができ、自分のアバターだけではなくハンドでも自己表現ができるのが大きな特徴となっています。


▲好きなアクセサリーで飾ることができます

自分の対局を再現してうち筋を学べる

対人モード(公式戦)の対戦は録画して、対局終了後にリプレイして打ち方を見直すことができます。また、対局の様子を動画としてアップロードするのも簡単。自分が打った対局の様子をあとで友達とも楽しめるようになっています。自分のブログなどに対局の様子をアップロードするのも簡単。一度打った対局を何度も繰り返し楽しむことが出来るのです。

スリル満点のゲームマネーシステムと段位システム

雀龍門ではすべての対人モードに「雀珠」と呼ばれるゲームマネーがかけられており、対戦結果と成績によりゲームマネーが変動していきます。また、ユーザーの戦歴と経験値により、10級~9段までの段位が設けられており、対戦結果によって昇段、降格などの変動があります。強くなれば段位もあがって行き、マネーも増えていく、麻雀ならではの奥深いゲーム性に加えたスリルたっぷりのゲーム性を楽しむことが可能です。


▲まるで自分の手が動いているかのような滑らかな動き

雀龍門の動作環境

  必要動作環境 推奨動作環境
CPU Intel Pentium 4 プロセッサ 1.6GHz以上 Intel Pentium Dual-Core E6300
プロセッサ 2.8GHz 以上
AMD Athlon^(TM) 64 X2 4300+ 以上
メモリ 512MB以上 1GB以上
対応OS 日本語版 Microsoft Windows XP(SP3)
Vista (SP1) 32bit/64bit
Windows7 32bit/64bit
グラフィック NVIDIA GeForce FX シリーズ以上
Radeon 9000 シリーズ以上(VRAM64MB以上)
※解像度1024x768が表示出来るディスプレイ
NVIDIA GeForce FX 7600 以上
Radeon X1650 シリーズ以上(VRAM128MB以上)
※解像度1024x768が表示出来るディスプレイ
モニター 1024×768 以上 1280×1024 以上
DirectX DirectX 9.0c以上
HDDの空き容量 500MB以上の空き容量
通信環境 通信速度 256Kbps 以上 通信速度 1Mbps以上
その他 InternetExplorer 6.0以上 ※ActiveXの動作許可が必要

おすすめオンラインゲーム


2010年 WebMoney Award受賞の人気MMORPG!派手なアクション性、誰でも手軽に楽しめる簡単な操作性など、多くのメディアで絶賛された注目のオンラインゲームです!


最高クラスのグラフィック、トップレベルの自由度を誇るキャラクターメイキングと飛行システムでロングヒットとなっている人気MMORPG!多彩なスキルやアバターでハマること間違いなし!


カテゴリメニュー